組織について

育種研究センター(Research Center for Aquatic Breeding)

 育種研究センターは、水産生物の育種のための研究開発、系統の作出および育種の実用化に必要な基盤技術開発や調査に関する業務を行っています。

センターの構成

育種研究センター長 奥澤 公一
     主幹研究員 名古屋 博之
     主幹研究員 藤本  宏
ゲノム育種グループ(Genomics Breeding Group)
系統開発グループ(Strain Development Research Group)
育種基盤グループ(Breeding Technology Development Group)

ゲノム育種グループ(Genomics Breeding Group)

 ゲノム育種グループは、基本的な育種技術や形質評価技術及び系統の作出と安全性評価等に関する研究開発を行っています。

 主にブリ、ヒラメ、トラフグなどの海産魚を対象に、病気に強い、成長が速いなどといった優良な形質の評価法の開発、それらの形質を持つ家系を選抜育種するための指標となる遺伝子マーカーの開発、選抜に頼らない人為的な変異導入法などの開発に取り組んでいます。また、主にサケ・マス類、コイなどの淡水魚を対象に、遺伝子組換え魚や外来種による遺伝資源のかく乱の防止や天然資源の生物多様性の保全の観点から、遺伝子組換え魚類の検出や生物多様性への影響評価のための研究開発に取り組んでいます。


レンサ球菌抵抗性ヒラメ家系の民間生産現場での実用化試験


系統開発グループ(Strain Development Research Group)

 系統開発グループは、DNAマーカー開発等に必要な解析家系の作出、選抜交配等による系統化やその優良性評価などにかかる研究開発を行っています。

 主にブリ類などの海産魚を対象に、計画的な成熟促進産卵誘発技術、家系作出のための1:1交配および人工授精技術の開発、人工交配により得た種苗の形態や生残、成長などの特性の評価および健全な種苗を育成するための飼育技術の開発などに取り組んでいます。

ブリ選抜親魚の成熟調査 優良系統開発のための解析用家系の作出


育種基盤グループ(Breeding Technology Development Group)

 育種基盤グループは、不妊化技術や成熟制御技術等に関する研究開発を行っています。

 主に海産魚を対象に、育種した魚類が万一野外へ逃亡した場合にそこで繁殖してしまうことの防止や、育種した魚類に関する権利の保護などのため、不妊化技術の開発に取り組んでいます。また、海産魚を対象に、育種のために必要となる成熟制御技術や配偶子の質の評価技術の開発などに取り組んでいます。また、餌料用海産微細藻類の保存事業では、国内での研究・教育用として要望された株を配布できる体制を整えています。同時に、これらの特性解明を通じ、遺伝資源の有効利用に貢献します。

海産魚の不妊化手法の開発(写真はヒラメの例) 水産用餌料として有用な海産微細藻類の保存事業




↑上:ブリの体表面に寄生したハダムシ
→右:DNA マーカーによるハダムシ抵抗性ブリの育種

図をクリックすると拡大


主な研究課題と研究期間

  • 農林水産技術会議 委託プロジェクト研究「養殖ブリ類の輸出促進のための低コスト・安定生産技術の開発」のうち、ゲノム情報を利用したブリ類の短期育種技術の開発のうち、「ブリのゲノム解析による新たなSNPの同定とハダムシ抵抗性領域の詳細化」および 「ハダムシ抵抗性に関与する遺伝子座の同定と選抜育種用のマーカーの開発」他(2014-2018)
  • 農林水産技術会議 プロジェクト研究「ゲノム情報を利用した農産物の次世代基盤技術の開発プロジェクト」のうち、「新たな遺伝子組換え生物にも対応できる生物多様性影響評価・管理技術の開発」のうち、「新規育種技術が生物多様性に及ぼす影響に関する情報の収集・解析」(2013-2017)
  • 農林水産技術会議 革新的技術開発・緊急展開事業「水産物の国際競争に打ち勝つ横断的育種技術と新発想飼料の開発」 のうち、「高成長ブリ類家系を天然魚から短期間で作出可能な新たな育種技術開発」および「耐病性や真珠品質にもとづくアコヤガイ選抜技術と育種素材の開発」(2016-2020)
  • 水研機構 交付金プロ「細菌性疾病等に抵抗性を有するヒラメ品種作出技術の開発」(2016-2017)
  • 水研機構交付金課題遺伝資源の収集・評価・保存(ジーンバンク)(2016-2020)
「水産育種研究戦略 -水産育種研究の今後の進め方について-」 平成25 年3 月

http://www.fra.affrc.go.jp/publications/manuals/Strategy_of_breeding_research.pdf