組織について育種研究センター(Research Center for Aquatic Breeding)

育種基盤グループ(Breeding Technology Development Group)

 育種基盤グループは、育種に必要な繁殖制御や健苗育成などの技術開発および優良系統の保存に関する研究開発および調査を主体とした業務を行っています。

 主に海産魚を対象に、育種した魚類が万一野外へ逃亡した場合にそこで繁殖してしまうことの防止や、育種した魚類に関する権利の保護などのため、不妊化技術の開発に取り組んでいます。また、育種の基盤となる健苗育成技術開発、例えば種苗生産技術の高度化・形態異常防除技術開発にも取り組んでいます。既に有用株の作出に成功している 餌料用微細藻類では、さらに実用化に向けた取り組みを行い、遺伝資源の有効利用に貢献します。

研究メンバー

グループ長 風藤 行紀
主任研究員 德田 雅治
主任研究員 宇治  督
   研究員 山口 寿哉
   研究員 尾﨑 雄一

研究について


成熟制御

ニホンウナギの成熟誘導ホルモンを哺乳類の細胞を用いて大量に作製する事に世界で初めて成功しました。週 1 回、1~2 ヶ月程度、このホルモンを未熟なウナギに注射(人為催熟)すると生殖腺が発達し、卵や精子を得ることが出来ます。写真は人為催熟したウナギから採卵しているところです。
形態異常防除技術開発

親子判別できる技術を開発し、形態異常を引きおこしている遺伝要因を持つ親魚を特定し排除することで形態異常の軽減を行います。また、遺伝的な影響をふまえた上で形態異常に対する環境要因を正しく評価し、適切な飼育環境をつくることで形態異常軽減策を目指します。
クリックすると大きな図になります

図をクリックすると拡大

不妊化

海産養殖魚を不妊化し、卵や精子をつくらせない技術の開発を進めています。この技術により、優良系統のコピーや自然界への拡散、そして 産卵期の肉質低下を防止できると期待されます。


研究課題

  • ウナギ成熟誘導ホルモン等を利用した人為催熟技術の高度化(2012-2016)
  • 繁殖基盤技術の開発(2016-2020)
  • 魚類の左右非対称性形成機構の解明:なぜ異体類にはオモテとウラができるのか?(2014-2016)
  • 海産有用魚類の効率的保存・復元技術の開発(2016-2020)
  • 有用家系の不妊化技術の開発(3倍体の作出技術の開発)(2014-2018)
  • スマの産卵若齢化、早期成熟の内分泌制御技術の開発(2014-2016)
  • 新規マグロ類「スマ」の育種・完全養殖生産システムによる新産業創出と拡大(2016-2019)
  • イセエビ類幼生の飼育技術の実用化にむけた飼育の効率化に関する研究(2016)
  • 高級二枚貝タイラギの先端的養殖技術の開発(2016-2018)
  • 遺伝資源の収集・評価・管理・ならびに利用技術の開発(ジーンバンク事業)(2016-2020)
  • 生産者ニーズの高い形質を有するマグロ創生(2014-2018)
  • 高成長ブリ類家系を天然魚から短期間で作出可能な新たな育種技術開発(2016-2020)
  • 横断的育種基盤技術の開発(2016-2020)

発表論文

  • Okuzawa, K., Kazeto, Y., Uji, S., Yamaguchi, T., Tanaka, H., Nyuji, M., Gen, K., 2016. Development of a homologous radioimmunoassay for red seabream follicle stimulating hormone and regulation of gonadotropins by GnRH in red seabream, Pagrus major. Gen. Comp. Endocrinol. 239, 4-12.
  • Nyuji, M., Kazeto, Y., Izumida, D., Tani, K., Suzuki, H., Hamada, K., Mekuchi, M., Gen, K., Soyano, K., Okuzawa, K., 2016. Greater amberjack Fsh, Lh, and their receptors: Plasma and mRNA profiles during ovarian development. Gen. Comp. Endocrinol. 225, 224-234.
  • Okuzawa, K., Gen, K., 2013. High water temperature impairs ovarian activity and gene expression in the brain-pituitary-gonadal axis in female red seabream during the spawning season. Gen. Comp. Endocrinol. 194, 24-30.
  • Uji, S., Suzuki, T., Iwasaki, T., Teruya, K., Hirasawa, K., Shirakashi, M., Onoue, S., Yamashita, Y., Okuzawa, K., 2013. Development of the musculature and muscular abnormalities in larval seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus. Fisheries Science 79, 277-284.
  • Uji, S., Seikai, T., Suzuki, T., Okuzawa, K., 2013. Muscle development in the bamboo sole Heteromycteris japonicus with special reference to larval branchial levators. J Fish Biol 83, 1-13
  • Shimizu, Y., Tomikawa, J., Hirano, K., Nanikawa, Y., Akazome, Y., Kanda, S., Kazeto, Y., Okuzawa, K., Uenoyama, Y., Ohkura, S., Tsukamura, H., Maeda, K., Gen, K., Oka, Y., Yamamoto, N., 2012. Central distribution of kiss2 neurons and peri-pubertal changes in their expression in the brain of male and female red seabream Pagrus major. Gen. Comp. Endocrinol. 175, 432-442.
  • Oku, H., Tokuda, M., Matsunari, H., Furuita, H., Murashita, K., Yamamoto, T., 2014. Characterization of differentially expressed genes in liver in response to the rearing temperature of rainbow trout Oncorhynchus mykiss and their heritable differences. Fish Physiology and Biochemistry 40, 1757-1769.
  • Nakase, G., Tokuda, M., Nomura, K. Tanaka, H., 2014. Isolation and characterization of bacteria causing mortality in early stage larvae of captive-bred Japanese eels (Anguilla japonica Temminck & Schlegel), Aquaculture Research 46, 2637-2643.
  • 徳田雅治,明田勝章,阿部文彦,松田浩一,2013. イセエビPanulirus japonicus の受精卵およびふ化幼生のDHA含量に及ぼす水温の影響.Nippon Suisan Gakkaishi 79, 673-682.
  • Hasegawa, N., Sawaguchi, S., Tokuda, M., Unuma, T., 2014. Fatty acid composition in sea cucumber Apostichopus japonicus fed with microbially degraded dietary sources. Aquaculture Research 45, 2021-2031.
  • Uji, S., Kurokawa, T., Hashimoto, H., Suzuki, T., Okuzawa, K., 2012. Visualization of musculature of the larval greater amberjack Seriola dumerili (Risso) using whole-mount immunostaining with special reference to cranial muscles. Aquaculture Research published on line.
  • Kazeto, Y., Tosaka, R., Matsubara, H., Ijiri, S., Adachi, S., 2011. Ovarian steroidogenesis and the role of sex steroid hormones on ovarian growth and maturation of the Japanese eel. The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology 127, 149-154.
  • Tosaka, R., Todo, T., Kazeto, Y., Mark Lokman, P., Ijiri, S., Adachi, S., Yamauchi, K., 2010. Expression of androgen receptor mRNA in the ovary of Japanese eel, Anguilla japonica, during artificially induced ovarian development. Gen. Comp. Endocrinol. 168, 424-430.