マダイイリドウイルス病に対するワクチンの開発


[要約]
 養殖業界に甚大な被害をもたらしているマダイイリドウイルス病に対するワクチンを開発することに成功した。このワクチンで本病による死亡を顕著に減少させる予防技術ができた。
養殖研究所・病理部・病原生物研究室
[連絡先]  05996−6−1830
[推進会議]  水産養殖
[専門]  病理
[対象]  たい
[分類]  研究

[背景・ねらい]
 1990年以来、マダイイリドウイルス病は、養殖業界に甚大な被害を及ぼし続けている。また、近年では、マダイ以外の各種の対象魚にも病気が発生している。養殖研究所では、これまでに原因ウイルスの特定、血清学的手法及び分子生物学的手法を用いた迅速診断法の開発に成功した。しかしながら、現在のところ、病害防除に対する抜本的な対策はない。そこで、本病に対する予防策として、ワクチンの開発を目指し研究を行った。

[成果の内容・特徴]

  1. マダイイリドウイルスをホルマリンで不活化して作製したワクチンをマダイ稚魚の腹腔内接種後、海面生簀にて飼育し、本病に対する防御能を検討した。
  2. その結果、ワクチン接種群は対照群に比べ著しく死亡率が低く、ワクチンの有効性が確認された(図1)。
  3. 本ワクチンは海産魚のウイルス病に有効なワクチンとしては、世界で最初の例になる。
[成果の活用面・留意点]
 本研究において、マダイイリドウイルス病に対して極めて予防効果の高いワクチンの開発に成功するとともに、実用化の可能性が示唆された。また、本ワクチンの普及により、マダイイリドウイルス病に対する効果的な予防が可能となるとともに、海産養殖魚の経営安定化等に大きく寄与するものと考える。今後、マダイイリドウイルスの感染により被害を受けているブリ、カンパチ等でのワクチンの有効性の検討が必要となる。
[具体的データ]
図1 野外試験結果  
 ワクチンを投与した群の累積死亡率は19.2%であり、対照群の死亡率は、68.5%であった。このようにワクチンを接種することにより、本病の感染を著しく減少することができた。

[その他]
研究課題名:海産養殖魚イリドウイルス病の予防・防除技術の開発
予算区分 :経常
研究期間 :平成9(平成8年〜10年)
研究担当者:中島員洋・前野幸男・栗田 潤・釜石 隆・芦田勝朗・真鍋貞夫(財・阪大微研)
      小野耕一(財・阪大微研)
発表論文等:マダイイリドウイルス病の不活化ワクチンの検討、平成10年度日本魚病学会春
      季大会講要、p.8、1998。

目次へ戻る