Scientist Exchange (English + Japanese version)

September 1, 1995 - August 31, 1996

UJNRに関わる研究者交流

平7年9月1日 - 平成8年8月31日


Name: Masakatu Yamazawa
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: The Food and Drag Administration Office, Washington DC
	Seattle Airport Hilton Hotel, Seattle, Washington
Contents: US/Japan Discussion on The Proposed Draft Code of Practice for Frozen surimi
	Asia-Pacific Economic Cooperation International Symposium on Applied HACCP
Date: September 21 - October 1, 1995
氏名:山澤正勝
所属:中央水産研究所
渡航先:ワシントンDC、FDA事務所
	ワシントン州シアトルエアポ−トヒルトンホテル、 
目的:冷凍すり身国際規範作成のための日米担当官協議
	APEC主催国際HACCPシンポジウム
期間:平成7年9月21日〜10月1日
派遣費用の負担先:水産庁

Name: Yoshihiro Inoue 
	Yoshiki Matsusita
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Engineering
Place: Seattle, Washington
Contents: Solving bycatch workshop: Consideration for today and tomorrow
Date: September 23 - 28, 1995
氏名:井上喜洋
	松下吉樹
所属:水産工学研究所
渡航先:ワシントン州シアトル市
目的:混獲の環境への影響に関するワークショップ
期間:平成7年9月23日〜28日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Ryosuke Kuroshima
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Department of Biochemistry and Molecular Biology, The University of Kansas Medical Center, Kansas State
Contents: Molecular biological studies on Metallothionein
Date: October 1 - December 31, 1995
氏名:黒島良介
所属:中央水産研究所
渡航先:カンサス州カンサス大学医学センター分子生物・生化学部
目的:メタロチオネインの分子生物学的研究
期間:平成7年10月1日〜12月31日
渡航費用の負担:科技庁中期在外

Name: Toshiyuki Suzuki 
	Noriko Ishida
	Goro Yoshida
	Junya Higano
	Hisashi Yokoyama
	Katsuyuki Abo
	Shoji Kitamura
Affiliation: Tohoku National Fisheries Research Institute
	National Research Institute of Fishery Science
	Nansei National Fisheries Research Institute
	National Research Institute of Fisheries Engineering
	National Research Institute of Aquaculture
	National Research Institute of Aquaculture
	Nikko Branch, National Research Institute of Aquaculture
Place: Marriott Hotel, Corpus Christi, Texas
Contents: 24th Joint Meeting of the UJNR Aquaculture Panel
Date: October 7 - 17, 1995
氏名:鈴木敏之
	石田典子
	吉田吾郎
	日向野純也
	横山 寿
	阿保勝之
	北村章二
所属:東北区水産研究所
	中央水産研究所
	南西海区水産研究所
	水産工学研究所
	養殖研究所
	養殖研究所
	養殖研究所日光支所
渡航先: テキサス州コーパスクリスティー市マリオットホテル
目的:UJNR水産増養殖専門部会第24回日米合同会議
期間:平成7年10月7日〜17日
派遣費用の負担:重点基礎
	重点基礎
	農水省経済局外国旅費
	重点基礎
	重点基礎
	重点基礎
	重点基礎

Name: Teiichi Nishimura
	Kazuhiro Nakajima
Affiliation: National Research Institute of Fishery Science
	National Research Institute of Aquaculture
Place: Mariot Hotel, Corpse Christie, Texas
Contents: 24th Joint Meeting of the UJNR Aquaculture Panel
Date: October 7 - 18, 1995
氏名:西村定一
	中島員洋
所属:中央水産研究所、
	養殖研究所
渡航先:テキサス州コーパスクリスティ市マリオットホテル
目的:第24回UJNR水産増養殖専門部会日米合同会議
期間:平成7年10月7日〜18日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Ken Ishii
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Engineering
Place: San Diego, California
Contents: Oceans*95 - Joint meeting of the Marine Technology Society and the Institute of Electrical and Electronics Engineers/Oceanic Engineering Society
Date: October 8 - 14, 1995
氏名:石井 憲
所属:水産工学研究所
渡航先:カリフォルニア州サンディエゴ市
目的:海洋工学会と電気電子工学会の共同研究集会
期間:平成7年10月8日〜14日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Hiroshi Sako 
Affiliation: Nansei National Fisheries Research Institute 
Place: The Oceanic Institute, Hawaii
Contents: 6th Asian Interchange Program (Program topic: Aquaculture Health Management)
Date: October 8 - 15, 1996
氏名:佐古 浩
所属:南西海区水産研究所
渡航先:ハワイ州海洋研究所
目的:第6回アジア・アメリカ交流会議出席(テーマ:養殖魚の健康管理)
期間:平成7年10月8日〜15日
派遣費用の負担:自費(研究集会参加)

Name: Ikuko Yosho
Affiliation: Japan Sea National Fisheries Research Institute
Place: Anchorage, Alaska
Contents: International Symposium on Biology, Management, and Economics of Crabs from High Latitude Habitats
Date: October 9 - 15, 1995
氏名:養松郁子
所属:日本海区水産研究所
渡航先:アラスカ州アンカレッジ市
目的:高緯度域に棲息するカニ類の資源管理に関する国際会議
期間:平成7年10月9日〜15日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Suguru Yanagimoto 
	Akira Nishimura
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: Seattle, Washington
Contents: Seminar on walleye pollack survival and recruitment
Date: Oct. 24 - 29, 1995 
	October 24 - November 4, 1995
氏名:柳本 卓
	西村 明
所属:遠洋水産研究所
渡航先:ワシントン州シアトル市
目的:スケトウダラの生残と加入に関するセミナー
期間:平成7年10月24日〜29日
	平成7年10月24日〜11月4日
派遣費用の負担:科学技術庁

Name: Tokio Wada
	Hiromu Zenitani
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Southwest Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, California
Contents: Comparative studies on the recruitment fluctuation of sardine between the Kuroshio-Oyashio Current system and California current system
Date: October 29 - November 19, 1995
	October 30 - November 8, 1995
氏名:和田時夫
	銭谷 弘
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州ラホヤ市海洋漁業局南西水産科学センター
目的:黒潮―親潮海流域とカリフォルニア海流域におけるマイワシ加入量変動の比較研究
期間:平成7年10月29日〜11月19日、
	平成7年10月30日〜11月8日
派遣費用の負担:個別重要国際共同研究

Name: Kiyoshi Wakabayashi
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: Seattle, Washington
Contents: Annual meeting for walleye pollack in the Bering Sea
	Annual meeting for NPAFC
Date: Oct. 29 - Nov.14, 1995
氏名:若林 清
所属:遠洋水産研究所
渡航先:ワシントン州シアトル市ホリディ・イン・クローン・プラザ・ホテル
目的:ベーリング海スケトウダラ公海条約年次会議
	第3回北太平洋溯河性魚類委員会年次会議
期間:平成7年10月29日〜11月14日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Ryo Kimura
	Chikako Sato
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Lake Arrowhead, California
Contents: California Cooperative Oceanic Fisheries Investigations Annual Conference Discussion on the recovery of Californian sardine stock and stock fluctuation of the Japanese sardine stock
Date: October 30 - November 8, 1995 
氏名:木村 量
	佐藤千夏子
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州レイクアローヘッド市
目的:カリフォルニア共同漁業資源調査年次会議
期間:平成7年10月30日〜11月8日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Masahide Kaeriyama
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Holiday Inn Crown Plaza Hotel in Seattle, Washington State
Contents: Third Annual Meeting of North Pacific Anadromous Fish
Commission 
Date: November 4 - 14, 1995
氏名:帰山雅秀
所属:北海道さけ・ますふ化場
訪問先:ワシントン州シアトル市ホリディ・イン・クローン・プラザ・ホテル
目的:第3回北太平洋溯河性魚類委員会年次会議
期間:平成7年11月4日〜14日
派遣費用の負担先:水産庁

Name: Hitoshi Iizumi
Affiliation: Hokkaido National Fisheries Research Institute
Place: Corpus Christ, Texas
	John Hopkins Marine Laboratory, Stanford University, California
Contents: 13th International Conference of Estuary Research Foundation 
	Discussion on sea grass ecology at shallow estuaries
Date: November 9 - 17, 1995
氏名:飯泉 仁
所属:北海道区水産研究所
渡航先:テキサス州Corpus Christ市、
	カリフォルニア州スタンフォード大学ジョンホップキンス臨海実験所
目的:第13回国際汽水域研究会議、
	海草生態学に関する情報交換
期間:平成7年11月9日〜19日
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Tomonari Akamatsu
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Engineering
Place: Orlando, Florida
Contents: Marine Mammal Bioacoustics Short Course,
	Eleventh Biennial Conference on the Biology of Marine Mammals
Date: December 11 - 19, 1995
氏名:赤松友成
所属:水産工学研究所
渡航先:フロリダ州オーランド市
目的:海産哺乳動物音響学に関するワークショップ
	第11回海産哺乳動物学会
期間:平成7年12月11日〜19日
派遣費用の負担:個別重要国際共同研究

Name: Masaki Kaneniwa
	Hiroaki Saito 
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science 
Place: Honolulu, Hawaii
Contents: 1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 
Date: December 15 - 24, 1995
氏名:金庭正樹
	齋藤洋昭 
所属:中央水産研究所
渡航先:ハワイ州ホノルル市
目的:1995年環太平洋国際化学会議
期間:平成7年12月15日〜24日 
派遣費用の負担:重点基礎

Name: Naozumi Miyabe
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: San Diego, California 
Contents: Cooperative study with IATTC on Pacific big eye tuna
Date: Jan.16 - 31, 1996
氏名:宮部尚純
所属:遠洋水産研究所
渡航先:カリフォルニア州サンディエゴ市
目的:IATTCとの太平洋メバチ共同研究
期間:平成8年1月16日〜31日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Shigehiko Urawa
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Northwest Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, Washington
Contents: Genetic stock identification of high-seas chum salmon
Dare: January 30 - February 3, 1996
氏名:浦和茂彦
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:ワシントン州海洋漁業局北西水産科学センター
目的:北洋サケの遺伝的系群識別
期間:平成8年1月30日〜2月3日
渡航費用の負担:水産庁

Name: Kazuya Nagasawa 
	Kazuhiko Hiramatu
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: University of Washington, Seattle, Washington
Contents: Cooperative study on Pacific salmon
Date: Feb.1 - March 31, 1996
氏名:長澤和也
	平松和彦
所属:遠洋水産研究所
渡航先:ワシントン州シアトル市ワシントン大学
目的:さけます類に関する共同研究
期間:平成8年2月1日〜3月31日
派遣費用の負担:科学技術庁

Name: Tokio Wada
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Southwest Fisheries Science Center, NOAA, California State 
Contents: Comparative studies on the recruitment fluctuation of sardine between the Kuroshio-Oyashio Current system and California current system 
Date: February 4 - 10, 1996 
氏名:和田時夫
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州ラホヤ市海洋漁業局南西水産科学センター
目的:黒潮―親潮海流域とカリフォルニア海流域におけるマイワシ加入量変動の比較研究
期間:平成8年2月4日〜10日
派遣費用の負担:個別重要国際共同研

Name: Tokimasa Kobayashi
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Southwest Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, California
	Alaska Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, Washington
Contents: Study on the process of TAC (Total Allowable Catch) decision on the small pelagic fish in the United State of America
Date: February. 19, 1996 - February. 23, 1996
氏名:小林時正
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州海洋漁業局南西水産科学センター
	ワシントン州海洋漁業局アラスカ水産科学センター
目的:米国太平洋側における漁獲可能量決定過程及び漁業資源管理方策に関する情報収集
期間:平成8年2月19日〜23日
派遣費用の負担:科学技術振興調整費

Name: Yuzi Uozumi 
	Jiro Suzuki
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: Miami, Florida 
Contents: ICCAT shark working group meeting
Date: February 24 - March 1, 1996
氏名:魚住雄二
	鈴木次郎
所属:遠洋水産研究所
渡航先:フロリダ州マイアミ市
目的:ICCATさめ類作業部会
期間:平成8年2月24日〜3月1日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Taro Ichii
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: Honolulu, Hawaii
Contents: Symposium on climate change and whale population
Date: March 23 - April 2, 1996
氏名:一井太郎
所属:遠洋水産研究所
渡航先:ハワイ州ホノルル市
目的:気候変動と鯨資源に関するシンポジウム
期間:平成8年3月23日〜4月2日
派遣費用の負担:科学技術庁

Name: Kiyoshi Kawasaki
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Scripps Institution of Oceanography, University of California, San Diego, California
Contents: The 6th JUWOC (Joint US/Japan Working Group on Ocean Color Meeting) 
Date: March 13 - 21, 1996
氏名:川崎 清
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州サンディエゴ市カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所
目的:第6回JUWOC(日米水色ワーキンググループ)会議
期間:平成8年3月13日〜21日
派遣費用の負担:(財)リモート・センシング技術センター

Name: Shigel Itakura
Affiliation: Nansei National Fisheries Research Institute
Place: Graduate School of Oceanography, University of Rhode Island, Rhode Island
Contents: Advanced phytoplankton Seminar
Date: March 21 - 31, 1996 
氏名:板倉 茂
所属:南西海区水産研究所
渡航先:ロードアイランド州ロードアイランド大学
目的:内湾性有鐘繊毛虫類の個体群動態にかかわるシストの役割に関する研究
期間:平成8年3月24日〜4月1日
派遣費用の負担:重点基礎研究

Name: Takashi Kamiyama
Affiliation: Nansei National Fisheries Research Institute
Place: Hornpoint Environmental Laboratory, The University of Maryland System, Center for Environmental and Estuarine Studies, Maryland
Contents: The role of cysts in the population dynamics of estuarine tintinnid ciliates 
Date: March 24 - April 1, 1996 
氏名:神山孝史
所属:南西海区水産研究所
渡航先:メリーランド州ホーンポイント環境研究所(メリーランド大学河口環境研究センター)
目的:内湾性有鐘繊毛虫類の個体群動態にかかわるシストの役割に関する研究
期間:平成8年3月24日〜4月1日
派遣費用の負担:科技庁重点基礎研究

Name: Masaaki Fukuwaka
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Fisheries Research Institute, University of Washington, Washington 
	Department of Fish and Wildlife, Washington
Contents: Information on formation mechanisms of the scale and the otolith in salmonids
Date: April 1 - 12, 1996
氏名:福若雅章
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:ワシントン州ワシントン大学水産研究所
	ワシントン州魚類野生生物局
目的:サケ科魚類の鱗と耳石の形成メカニズムに関する情報収集
期間:平成8年4月1日〜12日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Masatoshi Ban
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Department of Integrative Biology, University of California, California
	University of Washington, Washington State
Contents: Physiological studies on reproduction and smoltification in salmonids
Date: April 4 - 14, 1996
氏名:伴 真俊
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:カリフォルニア州カリフォルニア大学バークレー校動物学科
	ワシントン州ワシントン大学水産学科
目的:サケ科魚類の性成熟とスモルト化機構に関する生理学的研究
期間:平成8年4月4日〜14日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Shigehiko Urawa
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Northwest Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, Washington
Contents: Genetic stock identification of high-seas chum salmon
Dare: April 8 - 20, 1996
氏名:浦和茂彦
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:ワシントン州海洋漁業局北西水産科学センター
目的:北洋サケの遺伝的系群識別
期間:平成8年4月8日〜20日
渡航費用の負担:水産庁

Name: Nagahisa Uki
	Syoji Funakosi 
	Tohru Suzuki
	Takuji Uchida
	Noriko Ishida
Affiliation: National Research Institute of Aquaculture
	National Research Institute of Aquaculture
	National Research Institute of Aquaculture
	Nansei National Fisheries Research Institute
	National Research Institute of Fisheries Science
Place: National Sea Grant Program, NOAA, Silver Spring, Maryland 
	North Carolina State University, North Carolina
	Wood Hole Oceanographic Institute, Wood Hole, Massachusetts
Contents: Previous Arrangement with 25th Joint Meeting of the UJNR Aquaculture Panel 
Date: April 8 - 12, 1996
氏名:浮 永久
	船越将二
	鈴木 徹
	内田卓二
	石田典子
所属:養殖研究所
	養殖研究所
	養殖研究所
	南西水産研究所
	中央水産研究所
渡航先:メリーランド州シルバースプリング市海洋漁業局シー・グラント・プログラム
	ノースキャロライナ州ノースキャロライナ州立大学
	マサチューセッツ州ウッズホール市ウッズホール海洋研究所
目的:UJNR水産増養殖専門部会第25回日米合同会議の打合せ
期間:平成8年4月8日〜12日
派遣費用の負担先:農水省経済局外国旅費

Name: Asakawa Akihiko
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: The Double Tree Hotel, Pentagon City, Arlington, VA
Contents: International Conference On Fish Inspection and Quality Control
Date: May 18 - 26, 1996
氏名:浅川明彦
所属:中央水産研究所
渡航先:バージニア州ペンタゴン市ダブルツリーホテル
目的:水産物の検査と品質管理に関する国際会議
期間:平成8年5月18日〜26日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Masahiko Awaji
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: San Francisco, California
Contents: 1996 World Congress on In Vitro Biology
Date: June 21 - 27, 1996
氏名:淡路雅彦
所属:中央水産研究所
渡航先:カリフォルニア州サンフランシスコ市
目的:1996インビトロ生物学世界会議
期間:平成8年6月21日〜27日
派遣費用の負担:自費

Name: Masashi Kiyota
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: St. Pole Island
Contents: Fur seal survey
Date: June 25 - August 20, 1995
氏名:清田雅史
所属:遠洋水産研究所
渡航先:アラスカ州セントポール島
目的:おっとせい繁殖島調査
期間:平成7年6月25日〜8月20日
派遣費用の負担:水産庁

Name: Masahide Kaeriyama
	Shigehiko Urawa
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: University of Alaska Fairbanks, Juneau Center, Alaska
	NMFS, Auke Bay Fisheries Laboratory, Alaska
Contents: Survey on ocean ecology of salmonids in the Gulf of Alaska
	Workshop on opportunities for high seas fisheries oceanographic research in the North Pacific Ocean and the Bering Sea
Date: June 27 - July 17, 1996
氏名:帰山雅秀、
	浦和茂彦
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:アラスカ州ジュノー・センター、アラスカ・フェアバンクス大学
	アラスカ州NMFSオークベイ・ラボラトリー
目的:アラスカ湾におけるサケ科魚類の海洋生態に関する調査
	北太平洋とベーリング海における漁業と海洋研究に関するワークショップ
期間:平成8年6月27日〜7月17日
派遣費用の負担先:水産庁、米国海洋漁業局

Name: Shigehiko Urawa
Affiliation: Hokkaido Salmon Hatchery
Place: Northwest Fisheries Science Center, National Marine Fisheries Service, NOAA, Washington
Contents: Impact of parasite infections on marine mortality of salmon
Date: July 17 - September 13, 1996
氏名:浦和茂彦
所属:北海道さけ・ますふ化場
渡航先:ワシントン州海洋漁業局北西水産科学センター
目的:寄生虫がサケマス類の海洋死亡に及ぼす影響に関する研究
期間:平成8年7月17日〜平成8年9月13日
渡航費用の負担:水産庁、米国海洋漁業局

Name: Yuko Ito
	Yoichi Kogure
	Tatsuya Unuma
Affiliation: Japan Sea National Fisheries Research Institute, 
	Japan Sea National Fisheries Research Institute
	National Research Institute of Aquaculture
Place: San Francisco State University, San Francisco, California
Contents: IX International Echinoderm Conference
Date: August 3 - 12, 1996
	August 3 - 13, 1996
	August 5 - 9, 1996
氏名:鵜沼祐子(旧姓の「伊藤」で参加)、
	木暮陽一、
	鵜沼辰哉
所属:日本海区水産研究所
	日本海区水産研究所
	養殖研究所
渡航先:カリフォルニア州サンフランシスコ市州立サンフランシスコ大学
目的:第9回国際棘皮動物会議
期間:平成8年8月3日〜12日
	平成8年8月3日〜13日
	平成8年8月5日〜9日
派遣費用の負担:自費(研究集会参加)

Name: Satuki Matumura 
Affiliation: National Research Institute of Far Seas Fisheries
Place: Washington, Washington DC
Contents: SeaWiFS science review meeting
Date: August 7 - 11, 1995
氏名:松村 皐
所属:遠洋水産研究所
渡航先:ワシントンDCワシントン
目的:SeaWiFS科学会議
期間:平成7年8月7日〜11日
派遣費用の負担:科学技術庁

Name: Hirofumi Furuita
Affiliation: National Research Institute of Aquaculture
Place: Texas A&M University, College Station, Texas
Contents: VII International Symposium on Nutrition and Feeding of Fish
Date: August 9 - 17, 1996
氏名:古板博文
所属:養殖研究所
訪問先:テキサス州テキサスA&M大学
目的:第7回魚類栄養飼料国際シンポジウム
期間:平成8年8月9日〜17日
派遣費用の負担先:重点基礎

Name: Toshio Akiyama
	Hiroshi Ogata
	Tadahide Kurokawa 
Affiliation: National Research Institute of Aquaculture
Place: Texas A&M University, College Station, Texas
Contents: VII International Symposium on Nutrition and Feeding of Fish
Date: August 11 - 15, 1996
氏名:秋山敏男
	尾形 博
	黒川忠英
所属:養殖研究所
渡航先:テキサス州カレッジステイション市テキサス農工科大学
目的:第7回国際魚類栄養飼料シンポジウム
期間:平成8年8月11日〜15日
派遣費用の負担:自費
	重点基礎
	重点基礎

Name: Junichi Nakazoe
Affiliation: Research Division, Fisheries Agency
Place: Texas A&M University, College Station, Texas
Contents: VII International Symposium on Nutrition and Feeding of Fish
Date: August 11 - 17, 1996
氏名:中添純一
所属:水産庁研究課
渡航先:テキサス州カレッジステイション市テキサス農工科大学
目的:第7回国際魚類栄養飼料シンポジウム
期間:平成8年8月11日〜17日
派遣費用の負担:自費

Name: Hiroaki Saito
Affiliation: National Research Institute of Fisheries Science
Place: Orlando, FL
Contents: American Chemical Society 212th National Meeting
Date: August 24 - 31, 1996
氏名:齋藤洋昭
所属:中央水産研究所
渡航先:フロリダ州オーランド市
目的:第212回アメリカ化学会
期間:平成8年8月24日〜31日
派遣費用の負担:重点基礎