Ⅰ. 世界の養殖業の現状と課題-7. 2000–2010年における養殖業振興に関わる国際的総括-5)中南米地域の総括
中南米について総括すると、1970年から2008年間の養殖業生産量における平均年間成長率は21.1%と地域別では最大の成長率を示しました(同期における中国の成長率は10.4%です)。
 主たる養殖生産国であるブラジル、メキシコ、エクアドル、チリでの発展がめざましく、サケ、
  マス、テラピア、エビ類、貝類の生産量に増加がみられました。
 この地域では、商業的大規模養殖業がいまだに支配的ですが、小規模養殖業の潜在的発
  展性について見逃せません。
 世界最大の養殖環境を有し限りない発展性の可能性をひめているアマゾン川流域で小規
  模養殖業が進捗しています。
 このいっぽうで、この地域、とくにチリは大西洋サケの代表的な養殖国家ですが、大西洋サ
  ケおよそ50%がウイルス病(伝染性サケアネミア)の感染をうけて歳入が大幅に減少しまし
  た。
この破局からの復興は遅々としてまた難しく、いっそうの研究や優れたガバナンスが必要とされています。輸出市場の利用がより困難となり、そこで、小規模業者の販路として地方の市場の活用が促進されています。