Ⅰ. 世界の養殖業の現状と課題-7. 2000–2010年における養殖業振興に関わる国際的総括-12)養殖業の理念と方向
最後に以下のように総括しています。
「この10年間、養殖業関係者は多くの成功を収めてきたが、自己満足している余地はない。
市場そして環境基準がますます厳しくなる中で、養殖業界にはその可能性いっぱいを達成することが求められている。
しかしながら、この新しい10年がすすむにつれ、養殖業界がより強く自信に満ちることで、これら諸問題に直面して克服し、持続性の路線にいっそう沿って展開していくことが可能となる。」