研究情報三重県におけるカキ種苗生産技術導入のための調査について/的矢地区

 的矢地区における水質変化について

定点図



的矢地区 各定点,0~4m層の水温

水温は5月は17℃台だったのが,激しく上下しながら8月には表層で27℃台に到達しました。表層の水温は湾口部より湾奥部の方が1~2℃高くなっていますが,3m層以深ではあまりさは見られません。また,的矢湾は浦村地区よりも水温が1~2℃高く推移しています。的矢でも6月下旬に大量の産卵が始まったようです。
クリックすると大きなファイルになります

的矢地区 各定点,0~4m層の塩分

塩分は表層で4~31,4m層で24~33の範囲にありました。降雨によって特に表層の塩分は大きく低下し,台風9号では1m層まで,12号では4m層まで大きく低下しました。的矢では表層~1m層の塩分は浦村より低いですが,4m層ではむしろ高めとなっています。
クリックすると大きなファイルになります

的矢地区 各定点,0~4m層の溶存酸素

溶存酸素は,湾口部では表層と下層の差が小さく,湾奥部では表層で高く下層で低い傾向にありました。また,湾奥部は変動も激しく,植物プランクトンおよび躍層の消長に影響されているようです。ただし,極めて低い貧酸素は見られず,最低でも4mg/L以上ありました。
クリックすると大きなファイルになります

的矢地区 各定点,0~4m層のクロロフィル蛍光強度読取値

クロロフィル蛍光強度は,的矢湾では浅い層の方が高くなる傾向が見られます。また,湾奥の方が湾港より高いことが多いですが,2m層以深ではあまり差は見られません。クロロフィルは激しく変動しますが2を切ることは稀で,浦村地区に比べ一定以上のレベルを保っているようです。
クリックすると大きなファイルになります