平成18年度水産増養殖関係研究開発推進特別部会報告書

会議責任者 養殖研究所長
本年度の水産増養殖関係研究開発推進特別部会における開催方針
 独立行政法人水産総合研究センター水産業関係研究開発推進会議運営規程(平成16年11月29日付け16水研本第1380号,改正平成18年4月1日付け水研本第209号)に基づき、水産増養殖研究開発分野において、関連諸機関との密接な連携・協力による具体的な取組みを推進するため水産増養殖関係研究開発推進特別部会を開催した。
 今年度の水産増養殖関係研究開発推進特別部会は、上記のセンター規程に基づき、養殖研究所長の判断により、関連する各ブロックの研究開発推進会議の協議に参加することで専門特別部会の協議に代えることとした。
 部会については、増養殖に関する全国的な視野での問題点及び研究ニーズの集約と、それに対応する研究の方向性に関する共通認識の形成に必要な協議を行うため、昨年度まで開催していた育種部会、養殖基盤部会を廃止し、新たに養殖産業部会と増殖連絡会を設置した。この2つの部会と従来より開催していた魚病部会を連続して開催した。本特別部会に関する成果情報については、各部会において報告することにより特別部会としてのとりまとめとした。
 一方で,各ブロックにおける問題点や,養殖研に対するニーズをより的確に把握するために,関連の深いブロック推進会議,内水面関係試験研究推進会議に養殖研から研究管理職員等が参加し,養殖研の活動や増養殖特別部会の報告を行うとともに,各ブロックから提出された増養殖特別部会向けの研究ニーズや成果情報について協議に加わった。

 1. 開催日時及び場所  日時:平成18年12月7日13:30〜8日17:00
                場所:伊勢シティホテル(伊勢市吹上1-11-31)

 2. 出席者所属機関数及び人数  延べ 40機関 86名

 3. 結果の概要

議 題 結果の概要
1. 研究部会  
(1)養殖産業部会 開催日時:平成18年12月7日13:20〜17:00
出席者所属機関および人数:12機関,49名
開 会 養殖研究所業務推進部長が開会を宣言した。
挨 拶 養殖研究所長より当該部会開催の背景などを含めた挨拶があった。
座長選出 養殖研究所生産システム部長を座長に選出した。
議事
1) 養殖産業部会の趣旨について
養殖研究所生産システム部長より、当該部会設置の経緯(部会を設置する必要性など)及び全国水産業関係試験研究開発推進会議における当該部会の位置づけなどについて事務局としての考え方が説明され、運営細目案について承認された。
2) 本年度のニーズの集約・成果情報の取り扱いについて ブロック推進会議等において協議された養殖関連の研究ニーズ・成果等の概要について、それぞれの会議における資料等により説明があり、質疑があった。また、養殖関連の成果情報のとりまとめ状況について座長より説明があった。
3) 産業界の現状とニーズについて 産業界の代表として、全国海水養魚協会専務理事より、主に給餌養殖の産業現場における現状と研究開発ニーズについて説明があり、流通、薬剤開発、飼料コスト、漁場環境等に関して問題が提起され、質疑・検討が行われた。
4) 総合討論 養殖研究所栽培技術開発センター長より、栽培漁業関係研究開発推進会議の下にあった「クエ・マハタ種苗生産技術交流会」を、形態異常防除技術の開発に特化させた研究会として、当該部会の下部組織に位置づけたいとの提案があった。また、養殖研究所病害防除部長より、魚病部会の下にあった「アコヤガイ赤変病研究会」をアコヤガイ養殖技術全般を対象とした研究会として、当該部会の下部組織として位置づけたいとの提案があった。以上2件の提案について了承された。  課題化については、座長より資料を用いてH19年度に向けて現在準備中の養殖関連プロジェクト研究(交付金、高度化事業等)について説明があり、H20年度以降の課題化に際して当該部会での議論が反映されるよう務めることで合意した。  次年度以降の当該会議のあり方については、産業界の代表としてさらにどの組織を構成員に加えた方がよいかの検討の余地はあるものの、会議としては今回と同様に進めて行くことで合意した。
協議内容のとりまとめについて 本年度の「養殖産業部会」の内容については、水産総合研究センターの規定に基づき水産増養殖関係研究開発推進特別部会報告の一部として理事長あてに報告したいとする事務局の提案が了承された。
閉 会 養殖研究所生産システム部長が座長の任を降り、養殖研究所業務推進部長が閉会を宣言した。
(2)増殖連絡会 日時:平成18年12月8日9:00〜12:00
出席者所属機関および人数:12機関,43名
開会 養殖研究所生産技術部長が開会を宣言した。
挨拶 養殖研究所長より本連絡会開催の背景などを含めた挨拶があった。
座長選出 養殖研究所生産技術部長及び栽培技術開発センター長を座長に選出した。
議事
1) 増殖連絡会の趣旨について
養殖研生産技術部長より、連絡会設置の経緯(連絡会を設置する必要性など)及び全国水産業関係試験研究開発推進会議における増殖連絡会の位置づけなどについて、事務局としての考え方が説明された。
2) 本年度のニーズの 集約・成果情報の取り扱いについて ブロック推進会議等において協議された増殖関連の研究ニーズ・成果等の概要について、それぞれの会議における資料等により説明があり、質疑がなされた。特に、栽培漁業の推進会議では、これまでの分科会・研究会等の再編が検討されており、それらへの水研の協力が求められた。
3) 総合討論 「責任ある栽培漁業」に関する共通認識を得たいとして、瀬戸内水研生産環境部長より提案があった。資料をもとに第5次栽培漁業基本方針(水産庁長官通達)に盛り込まれている「責任ある栽培漁業」の概念について説明があり、討議を行った。
4) 次年度の運営のあり方について 事務局より、次年度の開催に向けた考え方が示された。
@各海区の増殖関連部会及び各特別部会はそれぞれの第一義的な仕事として、産業現場(県など)との窓口としての機能を維持する。
A増殖連絡会では、情報を共有し問題の解決に向けた協議を行うため、日ごろの連携協力を密にし、形式にこだわらず柔軟に実効ある連絡体制とする。
B各水研からの各海区ブロックの研究ニーズの報告などについては、無駄な作業とならないよう配慮する。
C必要に応じ、WGを構築するなどして、緊急ニーズ等に柔軟な対応を図る。また運営に関して、行政や関係団体とも連絡を密にする必要性がある。増殖関連部長が一堂に会する少ない機会であり、水研センターの戦略を作る場だと認識すべきとの発言があった。事務局を担当する養殖研として、増殖連絡会はスタートしたばかりでもあり、次年度はもう少し焦点を絞るなどの努力をし、また、他の部会との仕分けも明確にしたいと発言した。
協議内容のとりまとめについて 本年度の「増殖連絡会」の内容については、水研センターの規程に基づき水産増養殖関係研究開発推進特別部会報告の一部として理事長あてに報告したいとする事務局の提案が了承された。
閉 会 養殖研究所生産技術部長が閉会を宣言した。
(3)魚病部会 日時:平成18年12月8日13:00〜17:00
出席者所属機関および人数:16機関43名
開 会 養殖研究所病害防除部中易千早主任研究員の開会宣言及び司会で議事を進行した。
挨 拶 養殖研究所長から、@コイヘルペスウイルス(KHV)病の発生が減少しているが、ニシキゴイでの発生が増加傾向であることが心配である、AKHV病が国際獣疫事務局の指定疾病になった、B水産総合研究センターがKHV病のリファレンスラボラトリーに内定した、C養殖研の病害防除関連部局が充実した、D活発な論議を期待する、との挨拶があった。
議事
1) 昨年度要望等への対応
昨年度の総合討議で示した医薬品開発体制について、再度説明がなされ、養殖研における基礎的データの収集についての実施状況について説明があった。さらに、養殖研病害防除関連部局の改組について紹介があった。
2) 魚病を取り巻く情勢報告 消費・安全局水産安全室長より、水産資源保護法と持続的養殖生産確保法の一部改正並びに施行との状況について、KHV病の発生状況・対策について、平成19年度の組織・定員要求と予算要求について、飼料原料となる魚粉へのマラカイトグリーン及びロイコマラカイトグリーンの混入についての説明があった。
3) 地域合同検討会報告 全国10あるブロックの地域合同検討会幹事県より、本年度のブロックにおける魚病発生状況、トピックス・問題点、要望等の取りまとめ報告が行われた。  要望として、1)KHV病・特定疾病等に関する要望、2)水産用医薬品に関する要望、3)診断等に関する要望が出された。
4) 病害防除関連部局の研究・事業成果及び計画について 養殖研の病害防除関連部局の研究・事業課題の昨年度成果及び今年度計画が紹介された。特に、今年度から3ヶ年計画で開始された農林水産技術会議の高度化事業「高級魚アラの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発」について、その計画の詳細について説明された。
5) 研究会報告 「魚病部会」の下で実施されている研究会・連絡協議会が紹介された。特に、今年度から組織された「種苗期疾病連絡協議会」について、その組織とこれまでの情報について紹介された。また、「アコヤガイ赤変病研究会」が来年度から「養殖産業部会」の下に移されることとなり、本研究会は来年度は「魚病部会」と「養殖産業部会」の共同での開催となることが紹介された。
6) 総合討議 各ブロックからの要望に対して、消費・安全局水産安全室長及び養殖研病害防除部長から回答があった。
7) 出席者の講評 本部会の情報の収集・交換の場としての重要性が評価された。更に、養殖研の病害防除関連部局の改組充実に対して、今後の活動に対して期待が述べられた。
閉 会 養殖研病害防除部長が閉会を宣言した。
2.ブロック推進会議報告 各ブロックの推進会議において与えられた説明時間を活用して,養殖研究所の研究状況あるいは増養殖特別部会に関する報告を行った。また各ブロックに寄せられた研究ニーズについて,推進会議の場で論議に参加し,養殖研に関連するニーズについては対応案や研究の現状を説明した。
(1) 中央ブロック推進会議 開催日時及び場所:平成18年12月1日〜2日,横浜市  
出席者所属機関及び人数:21機関37名  
養殖研からの派遣者:所長 酒井保次
1) 養殖研及び増養殖特別部会の報告 ・養殖研究所の18年度の活動概要及び増養殖特別部会について報告を行った。
2) 研究ニーズ ・本ブロックからは,特に研究ニーズはなかった。
3) 成果情報 ・増養殖特別部会の扱う課題は提出されなかった。
(2) 内水面推進会議 開催日時及び場所:平成18年12月14日〜15日,宇都宮市  
出席者所属機関及び人数:25機関39名  
養殖研からの派遣者:病害防除部長 飯田貴次
1) 養殖研及び増養殖特別部会の報告 ・15分間の報告時間が与えられ、まず、組織改編による栽培技術開発センター・魚病診断研修センター・札幌魚病診断研修センターの設置、冷水病ワクチン開発、KHV病対策等の内水面における魚病対策を中心に、実施している研究や事業の概要について紹介した。また、平成18年12月に発足した水産増養殖関係研究開発推進特別部会傘下の養殖産業部会において、内水面養殖についても検討されることになることを報告した。
2) 研究ニーズ ・本推進会議からは、事前に魚病関連(アユ冷水病関連4題、アユのボケ病1題、KHV病関連3題、SVC関連1題、医薬品関連3題、耐病性育種1題、形態異常1題)の研究ニーズに関しての照会があり、対処方針を提案し、会議で了承された。
3) 成果情報 ・本推進会議からは、増養殖特別部会の扱う課題は提出されなかった。事前の内容校閲の依頼は病理関係で2題あった。
(3) 西海ブロック推進会議 開催日時及び場所:平成18年12月19日〜20日 ,長崎市  
出席者所属機関及び人数:21機関35名  
養殖研からの派遣者:所長 酒井保次
1) 養殖研及び増養殖特別部会の報告 ・5分間の報告時間が与えられ,養殖研究所の研究状況ならび に増養殖特別部会の部会運営について説明を行った。
2) 研究ニーズ ・本ブロックからは,増養殖特別部会へ18年度の研究ニーズはなかった。
3) 成果情報 ・本ブロックを経由して増養殖特別部会で扱うべき課題はなかった。
(4) 瀬戸内ブロック推進会議 開催日時及び場所:平成18年12月19日〜20日,広島市  
出席者所属機関及び人数:19機関38名  
養殖研からの派遣者:業務推進部長 杜多 哲
1) 養殖研及び増養殖特別部会の報告 ・5分間の報告時間が与えられ,養殖研究所の組織改正、研究状況を中心に説明を行った。質問はなかった。
2) 研究ニーズ ・本ブロックからは,増養殖特別部会への研究ニーズはなかった。
3) 成果情報 ・本ブロックからは,増養殖特別部会の扱う課題は提出されなかった。